• 混合肌におすすめのクレンジング剤の選び方や使い方

    混合肌は頬は乾燥しているのにTゾーンはテカってしまう肌質で、実は日本人女性に一番多いタイプだと言われています。


    乾燥している部分とオイリーな部分のどちらに合わせてスキンケア用品を選んだら良いか困っている人も多いのではないでしょうか。

    納得のクレンジングのおすすめを知ろうと思っている人にお勧めの情報をお届けします。

    化粧水や美容液選びよりも気を付けたいのがクレンジング剤選びです。

    スキンケア方法が難しい混合肌の人は特に注意しましょう。

    混合肌の人は洗浄力が強すぎず、弱すぎない適度な洗浄力を持つクレンジング剤を選ぶのがおすすめです。


    強い洗浄力のものだと乾燥している部分に負担をかけてしまいますし、かと言って弱すぎるものだとオイリーな部分の脂汚れを落とすことができません。

    どちらにも対応できるよう、洗浄力が中間レベルくらいのクリームやジェルタイプのクレンジング剤がおすすめです。また、乾燥しやすい部分とオイリーな部分とでクレンジング剤を使い分けるというのもおすすめの方法です。
    Tゾーンやメイクの濃い部分のみに洗浄力の強いオイルタイプを使用し、頬などの乾燥する部分は洗浄力がマイルドなミルクタイプで落とすなどと使い分けると、汚れはきちんと落としつつ必要以上に肌に負担をかけるのを防ぐことができます。

    さらに、混合肌の場合は保湿力が高いメイク落としを選ぶという点も大きなポイントです。



    混合肌の主な原因は乾燥なので、オイリーな部分があるからと言って汚れを取り去ることにばかり重点を置くと、今度は肌に必要な潤いまで取り去ってしまい、症状が悪化してしまいます。
    オイル、ミルク、クリームなど、どんなタイプのメイク落としを選ぶにせよ、保湿力に重点を置いた商品を選ぶようにしましょう。



    混合肌は乾燥した部分にも、油分の多い部分にも対応できるよう、クレンジング剤選びも慎重に行う必要があります。

    保湿力と洗浄力のバランスに気を付けながら肌の状態に合ったものを選びましょう。